<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
いらっしゃいませ
◆拙ブログカテゴリー・ご案内
◎さくら書房…読書感想・書評です。ジャンル問わずなんでも読みます
・ブログ感想&レビュー…「ですます調」
・投稿書評…「だ、である調」
と、文体を変えています。日によってコロコロ変わるのはそのせいです
読みにくくてすみません…。

基本・ネタバレてますです。
◆オンライン書店bk1様より
鉄人癲イい燭世ました   
 ★5月10日 bk1投稿記録更新しました


presented by Youtube音楽PV

           

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 私もここで勉強させていただいています .               励みになります♪web拍手
2012.04.26 Thursday  | - | - | 

特集・山本周五郎賞完全制覇・第5回「砂のクロニクル」 船戸与一


本日の山本周五郎賞完全制覇は1992年、第五回です。

第5回から第8回までが第2期、選考委員も井上ひさし氏以外入れ替わり、阿刀田高、井上ひさし、逢坂剛、長部日出雄、山田太一の5名による選考です。

この年ぐらいになってくるとさすがに受賞作品に覚えがありますが、当時は血みどろ戦争小説(と思われるもの)を避けてましたのでこの作品はスルー、選考候補に残っていた高村薫さんに食いついてました。
今回この企画のためにこの作品を初めて読みましたが…、ヤバい。面白い。

上下合わせて1100頁強のボリュームながらイッキに読ませてしまう、巧みな構成とドラマティックな展開。
そうして語られる物語に込められたメッセージは、こちらの思惑をはるかに凌駕する壮絶なものでした。
次頁に記したこの本の感想は今の私の精一杯ですが、正直筆者のメッセージを受け取れていると思えません。でも、拙く、やがて消えようとも記す事に意義があると信じて記します。 


続きを読む >>
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 私もここで勉強させていただいています .               励みになります♪web拍手
2009.04.16 Thursday 01:29 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 1 PAGES |