<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
いらっしゃいませ
◆拙ブログカテゴリー・ご案内
◎さくら書房…読書感想・書評です。ジャンル問わずなんでも読みます
・ブログ感想&レビュー…「ですます調」
・投稿書評…「だ、である調」
と、文体を変えています。日によってコロコロ変わるのはそのせいです
読みにくくてすみません…。

基本・ネタバレてますです。
◆オンライン書店bk1様より
鉄人癲イい燭世ました   
 ★5月10日 bk1投稿記録更新しました


presented by Youtube音楽PV

           

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 私もここで勉強させていただいています .               励みになります♪web拍手
2012.04.26 Thursday  | - | - | 

「重力ピエロ」 伊坂幸太郎

こんにちは♪
 「毎月1冊伊坂幸太郎」キャンペーン絶賛開催中のはりゅうみです。
今月は「重力ピエロ」にガブリよってみました。
「小説の奇蹟」とまで書かれるほどの傑作とはいかなるものなのでしょうか?


参考までに伊坂さんの単行本化作品を年代順にひろってみますと… 
■オーデュボンの祈り
2000年12月20日、新潮ミステリー倶楽部、
2003年12月1日、新潮文庫、
■ラッシュライフ
2002年7月30日、新潮ミステリー倶楽部
2005年5月1日、新潮文庫、
■陽気なギャングが地球を回す
2003年1月、祥伝社ノン・ノベル
2006年2月20日、祥伝社文庫
■重力ピエロ
2003年4月20日、新潮社
2006年7月1日、新潮文庫
■アヒルと鴨のコインロッカー
2003年11月25日、東京創元社ミステリ・フロンティア
2006年12月22日、創元推理文庫
■チルドレン
2004年5月20日、講談社
2007年5月15日、講談社文
■グラスホッパー
2004年7月30日、角川書店
2007年6月25日、角川文庫
■死神の精度
2005年6月30日、文藝春秋
2008年2月8日、文春文庫
■魔王
2005年10月20日、講談社
2008年9月12日、講談社文庫
■砂漠
2005年12月15日、実業之日本社
2008年8月10日、実業之日本社 Jノベル・コレクション
■終末のフール
2006年3月、集英社
■陽気なギャングの日常と襲撃
2006年5月20日、祥伝社ノン・ノベル
■フィッシュストーリー
2007年1月30日、新潮社
■ゴールデンスランバー
2007年11月30日、新潮社
■モダンタイムス
2008年10月16日、講談社

と、なっており2002年からほぼ年2作の割合で単行本が出てる計算になります。もっと多作なイメージでしたけど意外と少ないですね。石田衣良さんや恩田陸さんと比べるとって事ですけど。
「重力ピエロ」は直木賞候補になった事で伊坂さんを一躍有名にした一作ですが、その後4年連続ノミネートなんて生殺し?去年ご辞退された気持もわかる気がします。

伊坂さんの新潮文庫作品の表紙は、どこかに必ずミニチュアドールがたたずんでいてそのポーズまでが作品とリンクしているという、深読み好きにはたまらない凝った装丁になっており、ついつい先に手に取ってしまいます。次文庫化は多分「ゴールデンスランバー」と思いますが、どんな人形がどんな背景の中にいるのか、楽しみです。

文庫化の際に若干改稿・増ページされていて、そこを比べてみるのも面白いかなと思います。(ハードカバーを持っていないので私はできませんでしたが)

次ページ、こちらを読んでからでも本作を楽しめるようギリギリにしましたが、かなりのネタバレ度です。未読の方はご覚悟下さい。

 

続きを読む >>
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 私もここで勉強させていただいています .               励みになります♪web拍手
2009.04.19 Sunday 05:21 | comments(5) | trackbacks(1) | 
 | 1 / 1 PAGES |