<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
いらっしゃいませ
◆拙ブログカテゴリー・ご案内
◎さくら書房…読書感想・書評です。ジャンル問わずなんでも読みます
・ブログ感想&レビュー…「ですます調」
・投稿書評…「だ、である調」
と、文体を変えています。日によってコロコロ変わるのはそのせいです
読みにくくてすみません…。

基本・ネタバレてますです。
◆オンライン書店bk1様より
鉄人癲イい燭世ました   
 ★5月10日 bk1投稿記録更新しました


presented by Youtube音楽PV

           

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 私もここで勉強させていただいています .               励みになります♪web拍手
2012.04.26 Thursday  | - | - | 

「囁け、この現世の秘密・幻獣降臨譚」 本宮ことは/池上紗京

いよいよ終わりが見えてきました。長かったです。
買い始めた時は10巻超えるとは思いませんでした。(現在11巻+外伝1巻)まだあと、3〜4巻は続きそうです。

今回も前回(「掲げよ、命懸ける銀の剣」)に引き続き、伏線まとめの章。お話自体は特に大きく動いておりません。父とは相変わらず会えないし、戦争はまだ始らず、アリアは現世の謎解きに一生懸命(=恋が始まらない)
動いたと言えばアリアが宿敵・「虚無の果て」の教団本拠地に辿りついた事ですが、これが全編通して最大の敵だったはずなのに、ものすごくしょーもない集団で少々がっかり。

最大最強の幻獣を連れているアリアをあっさり拉致できると思う人の良さ、既に幻獣と契約してる娘を「蒼の1族」だからっていう理由だけで彼らにとって大事な闇の幻獣の門(=自分たちの急所)に近づけさせるチャレンジャー精神、失敗したら光焔暴走で本拠地壊滅とか何代も追っかけ続けた1族を逃がしちゃうかもとか露とも思ってない危機感の無さ。
これじゃドロンジョ様と愉快な手下たちです。
自称「悪」だけどやってる事イタズラ?(笑)しかも肝心の幻獣がノッてないなんて、空回り過ぎて憐れです(ぶはは)

そもそも何代もかけて「蒼の1族」追っかけてチリヂリにさせるより、捕まえた1族を繁殖させて(身も蓋もない言い方)巫子姫候補を手元で増やす方がよっぽど確実です。洗脳して忠誠心植え付ける事も可能だろうし。
セドウィックの侵入を許したり、クルサードから攻めたり、力があるくせに攻めどころがおかしいんですよね、この自称悪の秘密結社の皆様は。
おまけにお母様が聖女をやっていた理由がわからなくなってきました。
母は精霊が使えたはずなのになんで聖女?隠れたいから?弟助けなかったのはなぜ?まあ今となってはどうでもいいか。

ディクスがどんどん黒くなっていくのを見るのがなぜか好きですがイラストだと可愛いまんま。もっと荒んだ表情が見たいです。先生ならできます、お願いします。

それにしても本作の近頃のイラストは少々ツライです。
枚数は少ないし、デジタル原稿(になさってますよね?)になってからアニメ風というか薄っぺらくなってしまった感が…。
この頃他の作品でもよくお見かけするので大変なお仕事量だという事はわかるのですが、最初の頃のペンで書き込んだタッチが素晴らしかっただけに残念としか言いようがない。池上さんの絵大好きなのに…。


今後の展開予想:
リアラの九賓(だったかな)の最後の謎の1体は「人」で、アリアは断腸の思いで精霊や幻獣のいない「本当の世界」を選択し(その判断のためにアリアの成長が必要だった)、各方面の問題は一気に解決。アリアも好きなところに嫁に行けて誰を選ぶかまでは描かず終わる。
が、私の予想ですが果たしてどうでしょう?




にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 私もここで勉強させていただいています .               励みになります♪web拍手
2009.04.30 Thursday 13:45 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「幻獣降臨譚」シリーズ 本宮ことは/池上紗京

12月20日  What is today?
[誕生花・花言葉]
クリスマス・ローズ・・・追憶、慰め、私の不安を取り除いて、中毒
[誕生石・石言葉]シルバー・バロック・パール (和名: 真珠 ) ・・・ 快心
[誕生星・星言葉] グルミウム(りゅう座ξ星)…肯定的な寛容

本日のさくら書房・「静匂」ライトノベル・レビュー
1   3   
『幻獣降臨譚」シリーズ(講談社X文庫ホワイトハート) 本宮ことは/池上紗京

 1 「聞け、我が呼ばいし声」
 2 「吠えよ、我が半身たる獣」   
 3 「繙け、闇照らす智の書」
 4 「猛れ、吹き荒ぶ沖つ風」
 5 「流れよ、凍りし我が涙」←ココ。
 6 「響け、世界を統べる唄」
 7 「走れ、真実への細き道」
 8 「渡れ、月照らす砂の海」
 9 「踊れ、光と影の輪舞曲」
10 「掲げよ、命懸ける銀の剣」
本編10冊+短編集1冊。以下続刊。
本日はストーリー上のターニングポイント・5巻を中心にご紹介。

以下ネタバレ感想へ↓
続きを読む >>
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 私もここで勉強させていただいています .               励みになります♪web拍手
2008.12.20 Saturday 01:07 | comments(2) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 1 PAGES |