<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
いらっしゃいませ
◆拙ブログカテゴリー・ご案内
◎さくら書房…読書感想・書評です。ジャンル問わずなんでも読みます
・ブログ感想&レビュー…「ですます調」
・投稿書評…「だ、である調」
と、文体を変えています。日によってコロコロ変わるのはそのせいです
読みにくくてすみません…。

基本・ネタバレてますです。
◆オンライン書店bk1様より
鉄人癲イい燭世ました   
 ★5月10日 bk1投稿記録更新しました


presented by Youtube音楽PV

           

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 私もここで勉強させていただいています .               励みになります♪web拍手
2012.04.26 Thursday  | - | - | 

「赤い百合」 アナトール・フランス

評価:
アナトール フランス
(2001-07)

タイトルに花の本(説明はこちら)  
7月・百合です。もう8月ですが…

■感想
何の予備知識もなく読み、「?????」

20世紀初頭のパリアッパークラスの美人妻が主役。
いわゆる愛人関係にある男性との関係を通じて真の恋愛を描く、というのが多分テーマ。
愛人は2人。
1人目とは割り切った「大人」の関係。
しかし、魅力的な男性と運命の出会いをしたヒロインは、美と花の街・フィレンツェで激しく愛し合う。
2人目の愛人にぞっこん惚れてしまったヒロインはあっさり最初の愛人を振る。
振られた方は実は本気だったため修羅場に。そして、前の男の存在を知った彼は…、というあらすじはメロドラマとしか思えない。
驚いたのはヒロインが「貞節」への疑問はまるでなくひたすら恋心の真偽ばかり問うているところ。
夫は妻の長期旅行を許すし、(愛人もうすうす気づいているような気がする)
えーと、この時代いいとこの新妻は愛人持つのが当たり前なんでしょうか?

奔放とも思えるヒロインに対して男性(夫、愛人2人)は一目で、しかも一途に彼女を想う。
それも不思議だ。
しかし、この本が書かれたのが1890年ごろと言う事が分かって衝撃。いまでこそ時代小説だが書かれた当時は現代小説だった訳だ。

1921年(!)にノーベル文学賞をとっているアナトール氏が(当時の)現代を舞台に生きた「女性の業」を浮き彫りにした小説を書いたということで、彼に影響を受けた芥川龍之介は彼の代表作を翻訳したりしている、と後から知りました。

すみません、そこまで有名な方だったとは知らなかったです。
小惑星に同じ名前があるので有名人だろうな、とは思ってはいたんだけど。
「百合」じゃなかったら絶対読まなかっただけに、色んな意味で衝撃だった作品です。
 



百合度★★★
満足度★★★(衝撃度なら星4)
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 私もここで勉強させていただいています .               励みになります♪web拍手
2009.08.04 Tuesday 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「八朔の雪―みをつくし料理帖」 高田 郁 | main | 「鳳仙花のうた」 金 在南 >>

スポンサーサイト

[ - ]
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 私もここで勉強させていただいています .               励みになります♪web拍手
2012.04.26 Thursday 22:28 | - | - |