<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
いらっしゃいませ
◆拙ブログカテゴリー・ご案内
◎さくら書房…読書感想・書評です。ジャンル問わずなんでも読みます
・ブログ感想&レビュー…「ですます調」
・投稿書評…「だ、である調」
と、文体を変えています。日によってコロコロ変わるのはそのせいです
読みにくくてすみません…。

基本・ネタバレてますです。
◆オンライン書店bk1様より
鉄人癲イい燭世ました   
 ★5月10日 bk1投稿記録更新しました


presented by Youtube音楽PV

           

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 私もここで勉強させていただいています .               励みになります♪web拍手
2012.04.26 Thursday  | - | - | 

「龍神の雨」 道尾秀介

お久しぶりのブログ専用?レビューは道尾秀介さんの現段階での単独最新作…になる?
「龍神の雨」です。
今まで読んだ道尾作品とは似て異なる方向性の作品と思います。
あらすじ:
雨のせいで、彼らは過ちを犯す。雨のせいで彼女は殺意を抱く…。
人はやむにやまれぬ犯罪に対し、どこまで償いを負わねばならないのだろう。暗転する事件の果て、2組の子供達がたどり着いた、慟哭と贖罪の真実とは?

「雨のせいで」「雨のせいで」「雨の…」「雨の…」と病的なまでの「雨」のリフレインが、あたかも人の知恵の及ばざる天災=先日の台風のような暴風暴雨として脳裏に容赦なく降り注ぎます。

「2組の子供達」はそれぞれ兄妹、兄弟の間柄です。幼さゆえに「血」の絆のみに真正を見出す無垢な魂ともいえます。そして無垢ゆえに「疑」=「悪」とみなしてしまう。この幼さゆえの高潔さを誰が攻められるでしょう。

彼らにとって不幸だったのは信用できる「大人」はいないと思いこんでいた事。
「大人」は汚い。「大人」はずるい。「大人」は…。
でも彼らの考える「大人」とは親、家族だけを示しています。他の大人がずるくても汚くても理解できたであろう彼らも自分たちの親には完璧な「正」を求めてしまう。(「子供」なら当然ですが)
故に起きてしまった悲劇なのです。

「弱い」大人と「汚い」大人は違うと彼らは知らなければならない時期でした。優しく穏やかに学んでいける時期でした。そうして彼らも「大人」になるはずだったのです。「雨」さえ降らなければ。
彼らにとって大切な人=血縁を守るために取った行動は、本当の汚い大人に利用され最悪の惨劇となります。
そして彼らは無垢ゆえに汚れた自分たちも許せない。
ラスト、2組の兄弟の迎える末路は全く違います。でも初めは確かに同じ所にいたのです。「末路」の差は皮肉にも「大人」の存在の有無でした。

作者様、何とも残酷な筆を容赦なく進めて下さいます。この「残酷」を表現する着眼点が今までとは違う、それが今作が既存作と似て異なると感じる由縁です。
今回作者様はお得意のホラーめいた異形ファンタジーを封印、巧みなトリック的文章は変わらずながら描く世界はあくまでも現実社会だけです。実際に起こりうる悲劇を終始意識して書かれた心理ミステリーに思えます。

「龍神」という幻想的な生物をタイトルに冠していても、決して「雨」を降らせる荒ぶる龍神のきまぐれから起きた事件、と言いたいのではないのです。
自分達が引き起こしてしまった直視できない最悪の現実を龍神のせいに、雨のせいにしたい、この罪から逃げたい、何も起きなかった頃に戻りたいという幼い彼らの切なる願いが「龍神の雨」というタイトルに秘められています。
もっと言えば守ってやれなかった幼な子に対する龍神の悲しみの涙=雨、「龍神」とはもうこの世にいない彼らの父や母とも思えるのです。


起きる事件や真犯人などお話としては王道ミステリーなのですが、道尾さんの既存作風と幻想的な「龍」に目を奪われて読み手が勝手にやっかいな迷宮を創り出してしまう作品です。
この読後感を肩すかしと感じるか、意欲作と取るか、意見が分かれるだろうとも思います。

私は僭越ながら実験作、と判断させていただきました。
この作家様にしか書けないダークファンタジーの皮を被ったヒューマンミステリー、どこへ到達されるのかとても楽しみです。次作もきっと読むと思います。



……いつのまにか道尾作品の虜になっているようです。
この感想書き終えるまで自覚なかった(笑)






評3・5【良作♪満足♪】

今後は、今回のような「現実」により重きをおいた作品が増えていくのでは?と思います。齢を重ねなければ書けない作品、とも言えるかな?






【ブログ内関連記事・ミステリー・サスペンス】
 ・ 「重力ピエロ」 伊坂幸太郎
 ・ 「名探偵の掟」東野圭吾
 ・ 「奪取」 真保裕一
 ・ 「ダーク・ムーン」上・下 馳 星周
 ・ 「砂のクロニクル」 船戸与一
 ・ 2009年 読書感想記事・早見表


    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
     私もここで勉強させていただいています .               励みになります♪web拍手
    2009.10.16 Friday 23:25 | comments(2) | trackbacks(1) | 
    << 三浦しをん・作品リスト | main | 「猫絵十兵衛 御伽草子 」1・2巻 永尾まる >>

    スポンサーサイト

    [ - ]
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
     私もここで勉強させていただいています .               励みになります♪web拍手
    2012.04.26 Thursday 23:25 | - | - | 
    藍色 (2010/07/18 1:49 AM)
    トラックバックさせていただきました。
    トラックバックお待ちしています。
    はりゅうみぃ (2010/07/24 5:40 PM)
    藍色さん、お返事遅くなって申し訳ありませんでした!
    トラックバックありがとうございました、私からもぜひお願いたします、よろしくお願いいたします!









    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    | - | 2009/10/17 5:04 AM |