<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
いらっしゃいませ
◆拙ブログカテゴリー・ご案内
◎さくら書房…読書感想・書評です。ジャンル問わずなんでも読みます
・ブログ感想&レビュー…「ですます調」
・投稿書評…「だ、である調」
と、文体を変えています。日によってコロコロ変わるのはそのせいです
読みにくくてすみません…。

基本・ネタバレてますです。
◆オンライン書店bk1様より
鉄人癲イい燭世ました   
 ★5月10日 bk1投稿記録更新しました


presented by Youtube音楽PV

           

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 私もここで勉強させていただいています .               励みになります♪web拍手
2012.04.26 Thursday  | - | - | 

セントメリーのリボン

[ - ]

 「大好きな作品は?」と問われたら、すぐさま答えられない。
たくさんありすぎて即答が出来かねるからだ。

では、「大好きな作家は?」と問われたら。
「稲見一良さん」と迷いなく答えられる。
この方の描く世界が、今も昔も、多分これからもずっと、もうどうしようもなく好きである。

私が惹かれてやまない氏の作品の特徴は、ずばり「動物」である。
ご本人の趣味が「(射撃)狩猟」だっただけに動物の生態描写は息を飲むリアルさ、この方の右に置ける邦人動物作家(?)は、かの椋鳩十氏ぐらいしか思い浮かばない。←寡聞なだけか

狩りという名の下で生物の命をやりとりする人だからこそ、一層真摯に見つめ(観察し)てきた動物(野性・ペットを問わず)への愛情と賞賛と、たぶん懺悔の心。
そこを根底とした人と動物とのドラマ。
奇跡は間違いなく待っているだろうと、ページを開く前からワクワクする。

そして、今作の「セント・メリーのリボン」は、
<ハードボイルドの厳しさと感傷を底流にした、闘争の話をかこう>
とおっしゃっていた稲見氏の志がもっとも力強く貫かれている傑作と思う。



狩りの途中でいなくなった猟犬を探す「猟犬探偵」の竜門 卓。←名前からしてハードボイルド(笑)
※そんなピンポイントな探しモノ稼業で食べていけるのだろうかという素朴な疑問がまず浮かぶが、浮かんだ時点でもうこの作品の虜だったりする。続編「猟犬探偵」もこの後、読もう。

「ハードボイルド」な「探偵」で連想できる、ちょっとワイルドでクールないい男という人間像はイメージ通りの竜門だが、その生き方は、「猟」「厳しさ」「闘争」といった怖い字面の単語から想像される暴力と殺戮にまみれた「ハードボイルド」とは全く違う。
寡黙にすっと立ち上がり、相棒(犬)にソファー譲っちゃいます、みたいなハートウォームなご仁なのである。


今作「セント・メリーのリボン」では、探すのは「猟犬」ではなく「盲導犬」だ。専門外のことながら「例外」として引受けている。
が、実はこの依頼以外も例外だらけで、本当はタイトル「動物探偵」が正解だったかもしれない。そんなとこも大好きだ。好きってそういうことだ(笑)

山野を彷徨う猟犬を探すぐらいだから、竜門の「犬」の生態とサバイバルに関しての知識は半端なく、「相棒」(決して「愛犬」とは呼ばない)ジョーと一緒に、ほんの僅かな痕跡からターゲットに切迫していく様は、幾度読んでも新鮮にワクワクする。
そして、捜査が進むにつれ明らかになる切ない事情。悪人など誰もいなくても、「事件」は起こってしまうのだった。

イブの朝、神戸のトアロードに舞降りたのは、白い雪と赤いリボンに彩られた奇跡の贈り物。
「奇跡」もまた、起きるのではなく、起こすものだとも胸に染み入る。



この本のサブテーマは、「男の贈り物」だという。

余命半年と宣告されてから、小説を書き始めた稲見氏。
遺された数冊の尊い贈り物、出会えた奇跡。




今年のクリスマスもこの本を読む。読まずに終われない。

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 私もここで勉強させていただいています .               励みになります♪web拍手
2010.12.19 Sunday 11:33 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「龍神の雨」 | main | 「船に乗れ!」 藤谷 治 >>

スポンサーサイト

[ - ]
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 私もここで勉強させていただいています .               励みになります♪web拍手
2012.04.26 Thursday 11:33 | - | - |